Blog

気づきの美学

  1. HOME
  2. ブログ
  3. mind
  4. 救世主は目の前に!気づけば人生変わります

救世主は目の前に!気づけば人生変わります

 

【気づきの美学】とは、竹中三千代が根源美容を仕上げるまでに気づき得たことや、様々な視点から採用した美のヒントをふんわりと軽〜い感じでご紹介しているものです。

 

今日は結論から。

あなたの救世主

それはあなたが苦手な人、キライな人、
イラッとする人

まさか!

いや。その、まさかなんです。

 

イラっとボタンに着目しよう!

あなたの周りに
なんかこの人苦手だな…
この人、絶対に許せない!と感じる人、
いませんか。

例えば…

●あなたが話しているのに、全部かっさらって自分の自慢話に持っていく人
●ブランドのバッグで人をランク付けしてマウンティングする人
●学歴で人を判断する人
●自分がすべて正しくて、人を変えようとする人

などなど、誰かの言動で心のイラッとボタンを押されたら
その時がチャンス!

その人の何が嫌なのか、
どこが許せないのか
まずはじっくり考えてみて下さい。

**************************

いかがでしょうか。

実はそれ、あなたがその人を許せないのではなくて、
自分自身を許せないポイントだったりするのです。

その上でそのイラっとする人たちの
根底にある心理を見抜いてみて下さい。

先ほどの例で言うと、共通するのは
「自分に自信がない」ということなのかもしれません。

そう。
つまり、あなたが「自信がないチャンネル」にいるということ。

ちなみにチャンネルに関するブログはこちら↓↓↓

 

だから、あなたを含め、自信がない人というか
周りの人の自信のない部分とかかわることになる。

「ない」わけですからほしいですよね。
そしてエネルギーの奪い合いがはじまる。

マウンティングして相手から自信を奪う。
奪われたあなた、イラっとする
そして別の人の自信を奪おうとする…このスパイラル

それが「自信がないチャンネル」

周りでイラっとボタンを押してくれる人たちが
今あなたがいるチャンネルを教えてくれている

気づけばラッキー
「自信がない」を手放せばいいだけだから。

頭の中でそれをイメージして丸めてポイット捨てれば
はい、おしまい。

そして自分が自信をもったらどんなかんじかなぁ~
とイメージして、その感情を味わってしまうとより良いでしょう。

その時点で「自信がある」チャンネルにチェンジされます。

すると、さっきと同じ人たちとかかわっても
イラっとボタンを押されることなく
意外にも尊重されたりして。

そう。あなたの世界はあなたが作っているのです。
周りを変えようとする必要なんてない。

意外なことに
これに気づくとイラっとボタンを押してくれる人達に

「教えてくれてありがとう」って
感謝の気持ちが芽生えたりするものです。

視点を変えると
嫌な人がいなくなる…

眉間のシワもさようなら~

なんて素敵なのでしょう!?

ミチヨ

関連記事